NPO法人高知ダルクの活動等

  1. 高知ダルクの歴史
  • 平成9年2月 南国市に「高知ダルクインパクトハウス」開設

⇒全国で9番目、今年で19年目

  • 平成10年 安芸市に移転
  • 平成18年 障害者自立支援法施行により法人格を取得、「NPO法人高知だるくの会」となる

⇒グループホーム高知ダルク(共同生活援助)

  • 平成18年 女性ハウス“チャメ”を開設(任意施設).
  • 平成24年3月 GH高知ダルクは、施設の老朽化、入寮者の就職問題、支援者の利便性等から高知市春野に移転
  • 平成26年12月 高知市内にインテグレーション(自立訓練(生活訓練))事業所を開設
  • GH高知ダルク(男性施設)閉鎖
  • 平成18年 女性ハウス“チャメ”を開設(任意施設)
  • 女性ハウス“なる”を開設(任意施設)
  • 令和3年 女性ハウス“チャメ”グループホーム認可
  1. NPO法人の概要
  • 役員:3名、会員10名

3,高知ダルクの活動内容等

  • 施設系

サビ管:立川久永、GH責任者:川崎貴正、インテグ責任者:宮本容子、スタッフ常勤2名+α

  • GH高知ダルク(共同生活援助サービス)
  • 女性ハウス“ちゃめ”(任意のグループホーム)
  • インテグレーション(自立訓練)

その他の活動

  • 相談対応
  • 本人、家族など
  • メッセージ・講演活動
  • 中学・高校、刑務所、行政機関など
  • 広報活動
  • ニュースレター発行、ホームページ、フォーラム開催など
  1. 支援会組織
  • 高知だるくの会(会長:藤原英憲)